@まいほーむ

手づくる楽しみ。手づくる癒し。
ハーブと薔薇に囲まれて。
シャボネーゼのみなさん集いましょう♪


<< 母の日でしたね。 | main | 京の葵祭り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
NaOHの乗車は?結果報告。
さて、先日ココで 苛性ソーダって電車乗れる? 
という記事に関して
たくさんの情報ありがとうございました。

ずぼらに質問を出してしまった後、調べが行き届かなかった自分に反省しつつ
あちこち出向いたり、話聞きに行ったりで、調べる数日でした。

結果は
OKをいただいたりダメだったりです。

もし公共交通機関に乗る場合は個々に確認される方が賢明だと思います。

私自身、各社からいただいた答えを公表することさえ、不安です。
苛性ソーダというものへの認識も浸透していませんし、
法規の理解の仕方も、乗客はもちろんそこに携わる方の認識も
まちまちだということです。

ここでOKと書いてあったからといって、持ち込んで、
もし事故があっても、一切責任は取れません。


まとめてみようと思いましたが、結論はまちまちだったので
受け答えの内容を並べます。

追記*いただいたコメントに中にも、いろんなヒントがありました。
合わせて読んでいただけると参考になるとおもいます。   

********

「苛性ソーダいわゆる水酸化ナトリウムですが、
    車内へのもち込みはできますか?」


まず、
私が利用する可能性がある 私鉄K お客様センター
担当の方に、目的や形状、量、距離、ボトルの表記内容を聞かれました。
買ったばかりの500gということにしました。

「お調べしてお電話させていただきます」  で、40分後にかかってきました。

「お待たせして申し訳ありません、専門部に確認しておりました・・・
もち込み禁止の薬品表の中に苛性ソーダ(水酸化ナトリウム・HaOH)という品名はありませんでした。
項目にあるのはその薬品自体が直接(封を開けるだけでということか?)有毒ガスや異臭を発生させるものや、車体にダメージを与える(金属腐食作用か?)ようなものかとおもいます。おっしゃる状態の苛性ソーダは大丈夫ですね。
ただ、かなり危険な薬品であることに違いはありませんし、必要最小限であること、密封されている、もちろん車内で開封しないこと、ほかの乗客の不安を与えない(見えないように?)状態であること、最新のご注意をいただくということでお願いします。私どもとお客様方との信頼関係の上で安全運行できるものと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。」


次は、ジェ・・・・西・・お客様センター
調べるも何もなし、
「劇物と表示があるものはだめですね〜」
(確認しないで即答して大丈夫かな?
でも、新幹線も運行してるから、他とはちがうかもね、
2005年春の大きな事故もあったし、危険回避回答?)

ジェ・・・・東には電話してません  参考までに旅客営業規則

(追記)
後日、JRの管理者の方にお聞きしたところ、
路線を各駅停車や特急が共有している場合は
万が一の事態で急停車したとしても、線路を伝っての避難ができますが
JRというのは新幹線という特殊な空間があります。
新幹線は専用の軌道を使った超高速走行で、万が一緊急停車したとしても
長いトンネルや、高い高架橋の上での停車も想定され、旅客を安全な空間に速やかに
誘導することが難しい場合もあるため。危険回避をまず考えたお応えをする。
とお聞きしました。

そして、やはり、信楽や福知山での大きな事故を踏まえ
旅客の荷物に万が一劇物があり事故で容器が破損し そこに雨でも降ろうものなら
二次被害も考えられたわけです。
そこを踏まえて、問い合わせにはできるだけ危険回避の回答をするのだ
ということもお聞きできました。



K市交通局 
営業所では判断がつかないと、本局の運輸部の電話番号を言われました。
(まわさずに、営業所から本局に問い合わせて返事してほしかったな、じゃないと営業所の人は判らないままですやんか!)

運輸部にかけました
「判断しかねますので、お調べして電話します。」
15分後

「苛性ソーダにつきましては、可能範囲の薬品です。ただし条件がございまして、500gを超えないもの、密閉された容器に入っているもの、容器に破損がないものとなっています。」
「これは、交通局さんのお答えということは、地下鉄もバスもおなじですか?」
「そうです。バスも同じです」
「これは、全国共通の基準ですか?乗り継いでよそに出るかもしれないのですが」
「そうですね、国と市の法規のなかで今お話していますが、都市独自の“準規”といいますか、個別に定めていることもあります
ので、お尋ねになるほうが良いと思います。」


上記は電話で問い合わせました。


次は対面での質問です。

ジェ・・・・西でも 各停だけのK駅の駅員さん
「どうやろ〜ちょっと聞きます・・(奥でどこかに電話して・・)
こまかいこと載ってないけど(規約に?)苛性ソーダって掃除に使うやつやね〜?
無理やり水を入れなければ大丈夫でしょ、目的とか量とか考えると許容範囲かなとおもいますよ。お客さん今もってはるなら、乗らんと帰れんわけでしょ?置いて帰ってもろても困るし、今ならすいてる時間やし、一番後ろのらはったら?(車掌の目があるし?)」

臨機応変な対応。


駅はほかにも、私鉄を含め数件聞いて見たのですが(電話も対面も)
聞き方でも反応が違いました。

はんこがないと買えない薬品でたんぱく質を変質させるから
水溶液が皮膚につくとひどいことになるようです。というと
「それは困ります」

薬局ではんこ押せば買えるもので、レストランとかでは調理場の排水の
掃除にも使われているものです・・・
「じゃあ十分お気をつけて・・・・」

どやさ〜

こういうのも参考になるかな・・危険物の持ち込み拒絶
苛性ソーダ0.5リットル以下で・・・とある・・グラムじゃなくて?



で、今日薬局の主任さんに聞いてきました。
「買ったときの状態の容器で500gまでは大丈夫やそうですわ〜。」

そっか、だから販売量が500グラムなのかな?。



あと・・・持ち込み禁止で微妙なもの
火薬はダメ、でも、夏に縁側で楽しむような花火はOK
タバコに使うマッチはいいけど、500グラムを超えるとだめ
乾電池は良いけど、大量はだめ・・・


線引き、むずかしいんだね



でも、今回は
はっきりさせることよりも、いろんな立場にたって考えることができたり、
身近にある危険や、それについての認識に自分自身変化があったのは
自分自身、よかったと思います。


危険性を熟知して、細心の注意を払うことは当然ですが
安易に判断して乗車して、何かの拍子で加害者扱いされるより、
自分で問い合わせをして、(返答した担当者の名前も控えて)
その上での乗車だという事実が、何かのとき
自分の身を守ることにもなるのかなと思いました。
被害者にもなりたくないけど、加害者扱いもされたくないものね。

ソーパーとしての正直な気持ちです。


怖いもの、結構その辺うろうろしてるものね
たとえば、
混ぜるな危険AとB、スーパーで買って袋に一緒に入れて持ち帰っていいのか?


すっきりしなかった部分もあり、

長い記事になりましたが、参考にしていただければ幸いです。

(追記)
苛性ソーダをグループで使う場合の取り扱いなどは 

現物は購入者のみが取り扱い、必ず残量を確認し使用量等の記録を残すこと。
という指示が出ています。
(配布は違法になるためできません、劇物の譲渡 になるため 当然ですよね
はんこ押して買うんだもの)

自治体によってはその使用に関して、個別の見解を出しているところがあるので
石けんをつくるイベント等を催す場合には、各自治体への確認をする必要があります。



コメントする時間がない方は、

↓ポチッとだけでもしていただけると、またがんばれます。

これからもよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ


JUGEMテーマ:手作り石けん

| 苛性ソーダの事情 | 12:55 | comments(16) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:55 | - | - | pookmark |
線引き、難しいんですね。

聞き方や、会社によって回答が違うと言うのも、おどろきです。。。

もしも苛性ソーダを公共の乗り物で運ばなくてはいけなくなった場合の事って、
ちゃんと考えた事なかったので、大変勉強になりました。

| 紗知 | 2008/05/14 4:33 PM |
しゃぼんmamaさん、いろいろとお疲れ様でした〜。
なんとなくすっきりしないけど、それこそ、混ぜたら危険などの危険物もよく考えるといっぱい有るから、本当にそのものが危険というもの以外は常識の範囲内でってことなんでしょうね。

私鉄Kお客様センターの答えが一番的を得てる気がしました。
とにもかくにも、危険なものには違いないのだから、私たちソーパーも常にそのことを頭において置かないといけないですよね。(反省)
| ミンク | 2008/05/14 4:47 PM |
しゃぼんmamaさん沢山調べていただいてありがとうございます。そしてmamaさんに分かったら教えてくださいなんて失礼な事行ってごめんなさい・・

予期せぬ事故から蓋が開いてしまったり、持っているときにどんな事故に巻き込まれるかわかりませんし、自分の乗る電車では確認した方がいいですね。
ありがとうございます。

それにしても、ジェ・・・西の答えは・・ちょっと感じ悪いですね・・・。
| kuruuru | 2008/05/14 8:50 PM |
こんばんは〜こっちは車が当たり前で公共の乗り物に
苛性ソーダを持って乗る事はまずないんですけど
何か法律ってややこしいですよねーー;
500gまではOKとかこっちは良くてこっちは駄目とか本当に分かりずらいです。
薬事法にしてもそれ以外の細かい法律にしてもですけど
専門家だと思って役所関係の人に尋ねても知らない人多いんですよね〜
私も数年前に石けんに関する薬事法を詳しく知りたくてで保健所に電話したら
かなりたらい回しにされてきちんとした答えを聞くのに1週間かかりました(-_-;)
| haru | 2008/05/14 9:58 PM |
前回の記事に話し合いをしてみれば?とコメントしたものです。しゃぼんmamaさん、素晴らしい回答です!私の中ではパーフェクト!感動しました(^.^)
前回の記事、そしてそれに対する皆さんのコメントを読んでいて、なんだか苛性ソーダに対する危機感が低いな。と思ったんです。取り扱い次第で危険にもなる苛性ソーダなのに。。。実感あるのかな?って。化学薬品を日常的に取り扱う人にとってさえ、緊張する薬品の1つなのです。
ある方の本に、苛性ソーダに水を加えると書かれているようなのですが、専門家から言わせるとそれは絶対×。少量なので危険性は低いかもしれませんが、専門家が扱う場合、必ず水に苛性ソーダを加えるのが常識。そんなことを知らずに苛性ソーダを取り扱っているソーパーが何人いるんだろう。。。と。話し長くなりますんでこの辺で終わらせます。。。
最後に。皆さん、苛性ソーダは安全ではありませんよ。取り扱いに充分気をつけれなければ安全ではないんですよ。
| | 2008/05/14 10:18 PM |
苛性ソーダ、電車とか公共交通機関での取り扱いにあまり関心を払ったことがなかったけれど、考えてみたら劇物、しゃぼんmamaさんよくぞ指摘して下さいました!(どうかな〜と思いつつ、トロントまで船で運んでしまった私ですが)
でも、遠方への出張を念頭に置いての事、これは私には朗報です〜!ほんとはいつか自宅教室にお伺いしたいのですが!!!^^
| torontolife | 2008/05/15 12:39 AM |
お疲れ様です〜(≧∀≦)ヾ
2個以上買ったら、自家用車か徒歩自転車などが
一番安全で誰にも迷惑かけないですみそうですね^^
| KAORU☆彡 | 2008/05/15 2:44 AM |
たくさんの問い合わせ、そしてこの記事にまとめるに当たって、
しゃぼんmamaさんの労力に感謝し、敬意を表します!
ほぉ〜、ほぉ〜と小さく声を上げながら読ませていただきました。
使用する際には十分に注意を払っていたけれど、これからは
運ぶ時にももっと慎重にならなくては…と、肝に銘じました。
しゃぼんmamaさん、ほんとにありがとう♪
かわいいクッションでいっぱい癒されてくださいね〜^^
| ふぅ*** | 2008/05/15 12:50 PM |
しゃぼんmamaさん、こんにちは!
そして、こんなにもたくさん動いて聞いてくださって頭が下がる思いです。
ありがとうございます。

前回の記事も、とっても興味深く読ませてていだいてました!
・・・はっ!と目から鱗な思いでしたよ。
いつもは、近所の薬局まで徒歩かチャリでフラーっと買いに行く苛性ソーダ。
電車や交通機関の持ち込みということに、今まで全然考えもしなかったので、すごーくすごく勉強になって、いろいろな気づきをもらえました!

しゃぼんmamaさんの、行動力と石けんに対する気持ち、すごく尊敬です。

各社によって、ほんと答えにバラツキがあるんですね。個人のモラルも大事になってくる事柄ですよね、と改めて思いました。
また会ってじっくり色々話したい〜!^^
| マロン | 2008/05/15 1:09 PM |
すごいすごい!
あっちやこっちや聞かれてホントにお疲れさまでした!!
mamaが聞いてくれたおかげでとても勉強になって私自身いろいろ考えさせられました。
改めて苛性ソーダの恐ろしさを気づかせてくれて感謝感謝です♪
それにしても判断は分かりやすく一律してほしいね!
また日本人のあいまいさから出た結果みたいだね(=_=)
| かおちん | 2008/05/15 3:26 PM |
慣れって怖いもので、
せっけんをつくり続けていると、
苛性ソーダが劇薬だってことを忘れてしまってる感じがします。
気をひきしめて、取り扱いには注意しないとって、
この記事を読みながら思ったのでした。
| はづき | 2008/05/15 6:58 PM |
こんばんは^^

お疲れ様です^^
何故かこういう質問はたらいまわしにされたり待たされますよね?

私鉄の回答が私の聞いた地下鉄と同じ感じです^^なんかグレーの物を危険に関して質問していくと黒になる感じでした。。で、J。。即答で凄いですね><
500gにこだわってるのも電話で不思議でした。。

もう今の私は水と何故一緒に入れるんだーーーーって言うのが一番です。。乗り物で購入は無いんですが、自転車では必ず布の袋に入れ水と別、寄り道や他の物は買わないが自分の中の決まりです♪

事故があれば取り扱いも厳しくなると思うので気をつけなきゃって思ってます^^

これだけの量を確認するのは本当に大変だったと思います。また今回の事で更に気を引き締めて作っていこうって思いました^^

ちなみにしゃぼんmamaさんのお使いのソーダはフレーク状ですか?
私は粉末のタイプなのですが、水に入れるのが怖くて怖くて。静電気が凄いんです。
| くもりくも | 2008/05/15 9:52 PM |
こんばんわ〜!
細かく調べたんですね〜。
すごいわぁ〜。
ありがと〜 勉強になりました〜!
明日にでも O市交通局に聞いてみようかな。

私的には 水気のない社内で 苛性ソーダ500gをこぼすより ミント油500CCをこぼす方が 強烈だと思うなぁ〜。
スースーして エアコンのきいた夏場の社内だと 風邪ひきそうよ。(笑)
| 菌ちゃん | 2008/05/15 10:19 PM |
コメントたくさんありがとうございます。

記事の中に個人的な思いを入れて書くのはどうかなと思ったので、やり取りだけ並べましたが、思いとしては、、各私鉄や各交通局は、私が聞いた私鉄KやK市交通局の回答が共通しているではないかな〜と、勝手に思っています。
だって乗り換えればどこでもつながるし。都市によって違うと府県境に住むと混乱しますもん。それから・・
たとえば京都市での場合、
地下鉄「京都」駅で「四条」駅に行くべく待っていると、市営“地下鉄”の車両がきたり、“近鉄”だったりします。路線を共有する“相互乗り入れ”が行われて利便を図っているからです。
バスもそうです。都市部でバスを待つと、同じバス停に何種類ものバスが来ます。路線の共有です。
最近はA社のバス路線をB社が業務委託して運行している、なんてところもあります。
そんななかで取り決めが違うとこ困ります。
新幹線運行もするJ・・西 については別な取り決めがあってもおかしくないかなとは思います。
それに大きな事故もあり、2005年春の福知山線、さらにさかのぼって信楽、原型をとどめないような衝突事故、あれだけの事故の中で、もし旅客の荷物の劇物に破損があり、雨でもふろうなら二次災害もあったかもしれません、それを背負って、危険回避な回答をするのもわかる気がします。
正直なところ、私も石けんをはじめるまで、苛性ソーダの何たるかをしっかり理解していなかったのも事実です。
対面で聞いた駅員さんが、「掃除に使うやつやね」、とご存知だったことを、すごい!とも思いました。
犯罪や事故に携わる警察の方も知らなかったりしますから、調査で二次被害があったり、冤罪もあったりする。
今回は自分への回答を出したかったので、いろいろ考えさせてもらってよかったと思います。
それと、身近には危険がいっぱいあるんだなという実感もあり、ネットの世界の情報のなかにも、見極めなければいけない情報があるとも実感し、別の危険も感じました。
文章の中でどれだけ伝わるかなという不安もありますが、今回「身近にある危険」というカテゴリを増やして、1つ目の記事にしました。
続く↓

| しゃぼんmama | 2008/05/16 1:48 AM |
↑に続いて

◎沙知さん
私も働いてるとき、会社の規約すら把握できてなかったですもの〜反省(、。)
そうですね、線引きは難しそう、薬品だと新薬が続々できたりもしますしね。

◎ミンクさん
ありがとうございます
そうですね〜、これはダメという線はあってもこれはOKの線は難しいように思います。
常識も日々刻々と変化してるから・・
責任と一緒に持ち運ばないと、ですね。

◎kurukuruさん
いえいえ、失礼だなんてとんでもないです。
私自身に答えを出さないといけなかったのですから(^^)
おどおどしながら乗り込むより、確認をした上で乗車した、のほうが良いですもんね。

◎haruさん
そそ、私も車ばっかだったもの。
私も石けんを作るようになって学習したこといっぱいです、薬事法もだし、商標権だの知的財産権だの・・物の名前をつけるのも難しかったり。たらいまわし、ありがちだね(><)
担当でなければ知らなくていい な感じね。

◎?さん
またきてくださったんですねありがとうございます。回答ですか・・これは自分に答えが必要でしたもの。
苛性ソーダの危険性おっしゃるとおりですね。私がお世話になっている、油脂科学のOBの方も会うたびに「苛性には気をつけや!」っておっしゃいます。たくさん手袋をくれたり・・笑
ある方の本、同じものかな?苛性に水方式、のレシピ本私も持っています。使用するアルカリは53g〜83gのレシピが載っていて、苛性ソーダを溶かす手順について、の内容のページもあります。
大手の油脂科学のメーカーさんがバックについていて石けんもその本に基づく感じで販売されていて、本を元に展開されるネットショップもあるので、もしメーカーなりショップなりの研究所(専門家?)のNGがあるなら、訂正が出るのではないかな〜と。出版社の責任問題にもかかわりますもんね。逆に言えば、法規の線引きのように、石けんのレシピに使う量ならばOKという判断が出ているからなのかな〜〜本来はこうです!という記述や訂正はないですもんね?
本という存在もこわいですよね。
私、最近立ち読みした本で、薬事法的にも苛性ソーダの扱い方も「こんな本、いいのか!!?」なのを見かけて、悶々としています。それはまたの機会に話すとして・・・
情報の怖さもある意味、身近な危険 なのかもしれません。

◎torontolifeさん
そうですね〜トロントだった。
ご縁があったとき、地球儀見ましたもん。
トロント〜どこ?って笑
そそ、日帰りエリアなので・・むふふ〜

◎KAORU☆彡 さん
ありがとうございます(^^)。
そうですね、徒歩チャリ圏内でゲットできるならそのほうがいいですね〜。

◎ふぅ***さん
ありがとうございます。
そうですね買うも使うも超緊張感ですね。
事故があっても表に出ないし、何かあって
世間のダメだしがでても困るもの(、。)
クッション、癒されてます〜今も背負ってますよ〜(^^)

◎マロンちゃん
いやいやこちらこそありがとう〜(^^)
調べてみると知らんこと多いわ〜
モラル 常識も日々変わるから、気を引き締めていきますわよ〜。
また会ったときね、きっとまた時間が足りなくなりそうだね〜。
カモミール咲いたかな?

◎かおちん♪
ありがとう〜(^^)
そそ、判断ね〜むずかしいね。
YES NO がはっきりしない日本人かぁ・・・
お役所にありがち、私は担当ではないです、とかね〜。

◎はづきさん
そうですね〜慣れって怖いかも
企業内でなく家で作るから事故があっても表面に出ないですものね。
気持ちリセットして、またがんばりましょう!

◎くもりくもさん
ありがとうございます(^^)
そそ、たらいぐるぐるまわしってありがちですね。顧客満足度をおとします。
でもきっと、調べて質問の回答をくれた方もこれで知識が増えたのだし、次に同じ質問があったら自信もって答えれば良いので、担当者にもよかったのかなと思いますよね。

◎菌ちゃん
いやいや〜こちらこそ。
菌ちゃんも聞いてみるといいね。
うん、広く言うとアロマのボトルもね思ったの、ガラスで割れやすいし妊婦さんに刺激になったりするでしょ。
| 続き | 2008/05/16 4:11 AM |
先ほどは訪問ありがとうございました!
苛性ソーダ、本当に自分が加害者にもなりかねないのですね。改めて、危険物を取り扱っていることを認識することの大切さを学びました。
苛性ソーダで怖い思いをされて、しゃぼんmamaさんのブログで調べたりされる方の為に、私のブログの苛性ソーダネタも、読みにくくて恐縮ですが置いていかせてください。
みなさん既にご存じの事だとは思いますが、参考までに。

・苛性ソーダの保存、容器の廃棄について
http://chikosoap.blog33.fc2.com/blog-entry-79.html#comment
| ちこ | 2008/09/09 11:31 PM |










CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
PROFILE
教室のお申し込み
教室のお問い合わせはこちら
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS